​京都かきかた鉛筆のページ

​弊社では,各種「書き方教材」を開発・販売しております.このページでは,特に,その中で,特許を取得しました「京都かきかた鉛筆」について,皆様にご紹介申し上げるものです.今まで弊社が種々のプレゼンテーション等で用いてきました資料などをここに置かせていただきますので,是非ご覧下さい.

​とあるファンドに応募した時の応募書類からの抜粋です.「京都かきかた鉛筆」の開発の経緯が書いてあります.

応募者,川田道子(以下,“応募者”と称す)は,京都宇治市内の3箇所の教室で,この数年来,主に幼児対象の書き方教室を主宰して来た.平成28年にLED関西ファイナリストに選ばれるなどしたあと,日本チャレンジ株式会社(以下,“会社”と称す)を設立し,書き方教室の運営は会社が統括して行ってきた.応募者は,書き方教室で講師を続けていく過程において,「鉛筆の持ち方が正しくないと美しい文字を書くことができない」という経験則を得るに至った.ところが,同時に多くの生徒の鉛筆の持ち方を矯正するためには,マンツーマンで指導する必要があり,非常に多くの講師が必要になることが分かった.それは現実的でないので,何とか方策はないかと試行錯誤した結果,持たせる鉛筆を工夫すれば,講師一人で数名以上の生徒の指導ができるということに思い至り,新たな書き方鉛筆を開発した.特許を取得したこの鉛筆を,「京都かきかた鉛筆」と命名したが,全国の書き方・書写教育の現場で,同じ悩みを持った人々にもこの鉛筆を使っていただきたいと考え,会社は鉛筆を量産し,ネット販売や有名百貨店で,この鉛筆を一般販売することになった.なお,応募者,会社は「京都かきかた鉛筆」以外にも,有用な書き方教材を開発し,それらもご好評いただいている.